神奈川県横浜市磯子区の料理教室。家庭料理の基礎を重視した個人・プライベート・少人数制レッスン。講師は管理栄養士、料理家の二本木ゆうこ。

  • 介護ページ
  • マンツーマン料理教室ブログ
  • メールマガジン

家庭学習用参考:鯵三枚おろし

メニューポイント画像:お送りするレシピと合わせご自宅学習の参考
になさってください

鰺の三枚おろしで鰺フライ

完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント

三枚におろした鰺に小麦粉、溶き卵またはバッター液(天ぷら衣の様なもの レシピ参照)
パン粉をまぶし180℃で揚げる。

魚をおろす1
頭つきの時と同様に水道水で洗う。頭とムナビレを取り除くように斜めに包丁を入れて
切り落とす。

 

内臓をとる:魚の真下(背骨の延長ライン)肛門より3cm先くらいまで切り目をいれて
内臓を丸ごととる。包丁で血袋(背骨沿いの薄い膜)をなぞるように切り真水でよく
洗う。

 

魚をおろす2
水気をペーパーで拭きまな板に。背骨を挟んで両身をはがし取ることが「三枚おろし」。

この時点で皮付きで調理する場合は「ぜいご」をとる。

 

 

 

 

 

まず片面の腹側から背骨の中心まで包丁でスーッと身をはがす。

 

 

 

 

 

背側も同様に背骨の中心まで骨の上、身をそぐようにする。

 

 

 

 

尾っぽに包丁を入れると貫通するので頭の方向にさばく。

 

 

 

 

 

 

 

 

包丁の刃の向きを変えて尾っぽ側を切る。(これが二枚おろし)

 

もう片面も同様に腹側、背側とはがし骨からはずす。  

 

 

 

 

 

 

 

腹骨をすき取る:人間の肋骨にあたる斜め方向にある腹骨を包丁ですきとる。

 

 

 

 

 

 

中骨を骨抜きで抜く:指で軽く触れると背骨の中心に沿って短い骨があるので

骨抜きで頭の方向に向けて抜く。

 

これで完成。あとは塩こしょうと衣をつけて揚げる。

 

 

 

 

刺身にするとき:中骨を抜いた後頭側から指で皮を剥く。

食べやすく切って盛り付ける。

 

▲このページのトップへ戻る

お問い合わせ
マンツーマン料理教室ブログ日々の料理教室の様子が分かります
介護を遠ざける40歳からの「大人の食活しんぶん」「食」から考える介護予防
「心身元気になる料理生活」
Y's food しんぶん事務所ニュースです
心身元気になる「食」情報メルマガ「ワーキングウーマンのための食通信」

無駄なく材料を美味しく使い切る
簡単レシピとコラム、も料理教室の 案内も随時掲載。今すぐ登録!

メールアドレス